WordPress 5.7 ブロック・エディタ(新機能)テスト投稿

wordpress5.7Test
wordpress5.7
wordpress5.7
wordpress5.7

インサーター(左のブロック一覧)から
ドラッグアンドドロップで、直接 設置したい場所に
ブロックやブロックパターンを置ける様になりました。
(これは、益々concrete5に似てきました。)

WordPress 5.7 ブロック・エディタで

ブログ投稿テストを録画します。

(ここでの編集の録画と、concrete5での編集の録画を後でまとめて動画編集し、Youtubeにアップします。

まずは、WordPressを5.7にアップデートする所から(録画)

ブロックのドラック&ドロップ

は、通常のヘッダーブロック追加(H2)、はインサーターからドラックアンドッロプ(H4)
まだ、慣れていない為最初は戸惑いました。

見出しのドラックアンドドロップができました

は、画像ブロックのドラック&ドロップで追加したもの。

Wi-Fiカメラ搭載E235系山手線(改)
Wi-Fiカメラ搭載E235系山手線(改)

5.7には、アンカーブロック無い様です。

は、Youtubeブロックドラック&ドロップ

あなたは、どうやって お医者さんを探しますか ?ウェブサイトに求められるもの

ここまでで、テスト投稿を公開しました。引用ブロックには意味はありません

スポンサーリンク

WordPress5.7のブロックエディタは便利になったのですが

concrete5と決定的な違いは

  1. ブロックエディターは改良されたが
  2. ブロックのドラック可能な場所で、
  3. concrete5の場合はドラック可能な設置場所の全てが、
    事前にグリーンのラインで境界が示される
    いつでも設置したい好きなところにドロップできる)のに対して、
    WordPress5.7では、ドラッグしてみるまで
    境界設置可能場所:こちらは青い太線で表現)が分からないこと。

  4. concrete5の方が、圧倒的にブロックが多い
  5. concrete5の方は、ブロックやブロックパターンだけでなく、
  6. スタックという(既にコンテンツを格納した複数ブロックをまとめた)ものもドラック&ドロップできる。
    (これにより、ページ間で共通のコンテンツをページ毎に作成する必要が無くなり、
    共通のコンテンツをスタック化して置いて、必要なページにスタックをドロップするだけで済む)
    スタックは、再利用ブロックブロックパターンとも異なるもの。

  7. ほか、
  8. スタックのイメージ例としては、
    モバイルサイトで、フッター位置に常に固定表示させる「電話発信ボタン
    問い合わせページに遷移せずに、ページの特定位置に設置する「問い合わせフォーム」や、
    簡易予約フォーム
    ページの特定位置に設置する「Googleマップ」で、通常のマップの他に、離れた位置にある駐車場のマップ
    など

スポンサーリンク

いつでも「電話するボタン」

スマホ画面で、いつでもどのページにいてもページのどこにいても電話するボタン」表示

モバイルサイトでフッター位置に常に固定表示させる[電話発信]ボタン

[電話発信]ボタンのイメージをお知りになりたい方は、
以下の「ブログカード」ブロックにある、サイトをスマホでご覧ください。

Youtube動画と詳細

  • Youtube動画と詳細は⇩からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました