【大改造】プラレールEF65 Wi-Fiカメラ搭載 part 4

大改造プラレール Wi-Fiカメラ搭載 EF65プラレール
大改造プラレール Wi-Fiカメラ搭載 EF65

プラレールEF65【大改造】Wi-Fiカメラ搭載 part 4

大改造プラレール Wi-Fiカメラ搭載 EF65
大改造プラレール Wi-Fiカメラ搭載 EF65

課題は3つ

  1. Wi-Fiカメラ車の安定稼働
  2. Wi-FiカメラモジュールのWi-Fi感度向上
  3. Wi-Fiカメラ車両の動力の安定化供給

3番目の課題 解決のために

1100mAhのLi-Po電池ではパワー不足でモーターを回すことが出来なかった。
結果・動かなかったので、

Wi-Fi撮影車の動力用に高容量Li-ion電池採用した。
18650電池の採用の結果、供給電圧の更なる降圧が必要となった。

問題点は、
回路図からは、11.5KΩで、出力1.5vとある、
普通の電池は1.5vでノーマルなモーターを動かしていた、
今回はパワーダッシュモーターに換装したから1.5v以上あっても、
丈夫と思って10kΩポテンショメータにしたこと。
結果が、前回お伝えした爆速。

通常なら11.5KΩの固定抵抗でも良いと思えるのだが、
安全性(ポテンショメータの抵抗値をドライバで調整して丁度良い具合に設定する難しさ)を考えて
20KΩまでの半固定抵抗にしたい。

20KΩのポテンショメータを採用
20KΩのポテンショメータを採用

しかし、単品では海外からの調達となり、
また1週間以上待たされる結果となる。
これ以上待たされるのは嫌だし、どうしようか?

秋葉原まで出かければ、入手も可能だろうが、
この時期、秋葉の混雑は避けたい

仕方ないので
今回はamazonから買うことにし、探すことにした。

20KΩのポテンショメータを採用し、11.5KΩ設定で供給電圧を1.5V以下まで下げる
 (必要なら、更なる降圧も)

20KΩポテンショメータ発注

ポテンショメータ
ポテンショメータ・半固定抵抗器・可変抵抗器

残念ながら、Amazonで見つけたものは、
20KΩのポテンショメータ単体での販売は無く、
100Ωから1MΩまでの13種類の抵抗値の混成販売品でした。
(100Ω、 200Ω、 500Ω、 1KΩ、 2KΩ、 5KΩ、10KΩ、 20KΩ、 50KΩ、 100KΩ、 200KΩ、 500KΩ、 1MΩ が、各5個)

他に適切な商品が見当たらなかったため、これを発注

可変抵抗(ポテンショメータ、トリマ)とは、電気を流れにくくする抵抗値を変えられる電子部品です。可変抵抗のつまみを回すことで、抵抗値を変えることが可能です。ラジオやアンプの音量調整用として、電子機器に使用されます。抵抗体には、安価な炭素被膜系、耐久性と雑音特性に優れたサーメット系、大きな電流に耐えられる巻線の3種類があります。

電気・電子部品

作業しやすくするために

前後して、はんだこてを買いました

かねてから欲しいと思っていたはんだこてと、こて台を買いました。

はんだこて
はんだこて
はんだこて台
はんだこて台

以前のこて(20年以上使ったもの)は、
こて先ボロボロだったし、こて台は持っていなかったので不便でした。


2番目の課題の解決の為に

Wi-Fiアンテナを発注

高効率の小型Wi-Fiアンテナの手配  
 小型Wi-Fiアンテナを発注
 これ、Wi-Fiカメラモジュールに付属していたアンテナの12倍の表面積があるので
 Wi-Fi電波の送受信が有利になることを期待しています。

1枚しか使いませんが、30mm×30mmでやっと屋根(前部パンタグラフ位置の)部分に収まる大きさです。

Wi-Fiアンテナ
Wi-Fiアンテナを取り変えます。空中プレートサイズが30mm×30mmです。

1番目の課題は

1番目の課題は、課題2と3の課題解決でクリアできると考えています。


ポテンショメータ届きました

ポテンショメータを交換

ポテンショメータを交換
ポテンショメータを交換
ポテンショメータを交換
ポテンショメータを交換

当初の10kΩポテンショメータと交換して、仮付け状態で、USB電源につなげてモーターの回転を確認します。

USB電源につなげてモーターの回転を確認
USB電源につなげてモーターの回転を確認

当初の10kΩポテンショメータと同じ位置に設置してはんだ付けします。・・・ここから新しいハンダゴテが活躍します。
 こて先が細くて、余計なでっぱり(こて先を固定するねじ)も無くて、とても使いやすいです。

 (最終的にはポテンショメータの設置位置を変更することになるのですが、)

 (画像の15KΩは、間違い20KΩです(ここから5つの画像で間違っています)

はんだ付けします。・・・ここから新しいハンダゴテが活躍します。
はんだ付けします。・・・ここから新しいハンダゴテが活躍します。
前面サイド

前面サイドの支えがなくなったので、ホットボンドを窓の部分から流し込んで固めました。

ホットボンドを窓の部分から流し込んで固めました。
この時は未だ、前部パンタグラフがあります

Wi-Fiアンテナ取り換え準備

Wi-Fiアンテナ取り換え準備
Wi-Fiアンテナ取り換え準備

ヒートシンクを外して 

ヒートシンクを外して
ヒートシンクを外して

Wi-Fiカメラモジュールを外して

Wi-Fiカメラモジュールを外して
Wi-Fiカメラモジュールを外して

1100mAh Li-Po電池も

1100mAh Li-Po電池も
1100mAh Li-Po電池も

Wi-Fiアンテナ届きました

Wi-Fiアンテナ
Wi-Fiアンテナ

元々のアンテナはこんなに小さいのです

Wi-Fiアンテナの取り換え

Wi-Fiアンテナをのせてみます
Wi-Fiアンテナをのせてみます

Wi-Fiアンテナをのせてみます

Wi-Fiアンテナを固定
Wi-Fiアンテナを固定

Wi-Fiアンテナを固定
 上から、半透明のプラ板で固定。
(この時点で、前部パンタグラフを諦めました  )

Wi-Fiアンテナを固定
Wi-Fiアンテナを固定

もう一つのUSB充電モジュール 

前面から 

正面から

ポテンショメータ破損

テスト走行で、
3層wループの最上段から床まで93cmの高さから落下したのです。

調整ダイヤル部分が取れてしまいました

転落して、ポテンショメータの調整ダイヤル部分が取れてしまいました。
ポテンショメータの抵抗値を再設定が必要です。

11.5kΩの設定では、不足だった様です。
ループのカーブを完全に回り切れる速度まで落とす必要があります。

ポテンショメータ交換 2度目

ポテンショメータの位置変更と付け替え

右側・側面に付けていたのですが、
右側・前部・天面に移動しました。

ポテンショメータの付け替え(移動)
ポテンショメータの付け替え(移動)

そのほかの、保護のために

レンズ部の保護の為に

18650電池の露出部の周りに、
22mm径フェライトリング(2.5インチHDDを分解で入手)を4個付け、
カメラレンズ部の先端を保護

22mm径フェライトリングを4個を付けた
カメラレンズの保護の為にも22mm径フェライトリングを4個を付けた

両側面のDC-DC降圧コンバータ、USB充電モジュールを保護

DC-DC降圧コンバータ、USB充電モジュールの保護と、
見た目の改善の為、
切り取っていた側面の一部を加工して戻しました。

DC-DC降圧コンバータ側
DC-DC降圧コンバータ側
DC-DC降圧コンバータ側

Wi-Fiモジュールの電源LED用窓からは、
Wi-Fi電波同期確立中は、点滅で、

同期が完了(撮影可能)状態になると点灯で、ピンクに見えます。
スマホのアプリから消灯もできます。

USB充電モジュール側
USB充電モジュール側
USB充電モジュール側

LED表示用の窓からは、
USB充電ケーブル接続時の充電中には、赤色LEDの光が、

充電完了時には、緑色LEDの点灯光が見えます。

R側斜めから

R側
R側

塗装後に目立つホットボンドのバリは、写真にとって初めて目立つことがわかり、この後デザインナイフで整えました。(写真は、まだ取り直していません。)

L側上部斜めから

L側
L側

動画をアップ:総集編

プラレールEF65走行Wi-Fi撮影

YouTubeでの動画をお楽しみください。


前回までの記事は⇩


part 3


part 2


part 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました