インストール

セキュリティ

データベース・テーブルに対するセキュリティ対策

WordPressをインストール後(デフォルト)では、全てのテーブルには「wp_」というプレフィックスが設定されています。 脆弱性対策の一環として「テーブル名」を特定されにくくし、データベースに対しての攻撃があった場合でも「テーブル名」が特定しずらく、攻撃者によって行われるSQLインジェクション※で、不正にテーブルが削除・変更されてしまうなどの予防にも役立ちます。 「テーブル名」を特定されにくくするために、プレフィックスをオリジナルに設定するのです。 プレフィックスを変更できるプラグインも存在しますが、プラグインに頼るよりここではより確実なSQLによる変更を行います。SQL文など使い慣れていない方も多いかとはおもいますが、出来るだけ分かりやすくお伝えして行きますので、セキュリティ対策の一環としてお役立ていただければ幸いです。
2020.07.07
インストール

WordPress 5.0以降

WordPress 4.9以降の主なリリース 最新版はこちらからご覧いただけます。 WordPressは、積極的に保守されている5.3系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。 ...
2020.04.11
インストール

WordPressバージョン5 の実効性と実行性

WordPressバージョン5の功績とバージョンアップの必要性と実効性、実行性について、ホームページ制作会社のジレンマ、WordPress5で起こりうる問題、WordPress5そのものの不具合、更新されていないプラグインやテーマの不具合、WordPressのセキュリティリリースの多さから分かることなどの切り口からお伝えします。
2020.03.12
タイトルとURLをコピーしました